2020年01月01日

このブログのご利用について

■ このブログについて ■
このブログは しおん が 自身のブログやサイトにおいて記述した、内容の詳細説明・補足説明を行う為に、運営管理しています。


■ 著作権について ■
あまり細かい事は言いませんが、最低限のマナーはお守り下さい。


■ 情報の正確性について■
一切を保障致しません。
しおん 独自の視点・情報収集により記載し、自身のブログでの発信を前提としている為、ご利用は自己責任でお願いします。


■ ご利用の際の注意事項 ■
基本的に守って頂きたい事を記載致します。

● 参照リンク
 記事に対するリンクが当ブログの目的であり推奨します。
 この際は、「関連記事>」「詳細>」等、リンクである事が判る旨の表記を希望致しますが、強制では在りません。
 また、関連記事の場合には、可能な限りトラックバックをお願いします。(強制ではありません。)


● トラックバック
 関連の記事からのトラックバックは歓迎致します。むしろ内容によってお願いしたい位です。
 全く関連性のないトラックバック(トラックバックスパム)は、即座に廃棄します。


● コメント
 記事に対する意見や補足、訂正情報など、情報をお寄せ頂く事は大歓迎です。間違いの指摘など、どんどんして頂ければ幸いです。
ただ、お礼の言葉やTB・リンクの報告などは、辞退させて頂きます。記事に関連の無いコメントは削除されますのでご了承下さい。


● 配布物
 当サイトの配布物については、それぞれ個別に利用規定を設けてあります。それぞれのページをご確認下さい。



■ 利用に対しての著作権の主張 ■
次の様な利用は、その一切をお断りします。

○当ブログの内容の5割を超えて、コピーまたは複写などによる利用、転用(参照リンクは可)

○日本国の法律における違法サイトからの利用



■ その他ご質問・ご感想などについて ■
この記事に対してのみ、全てのコメントを受け付けます。但しこの場合も、コメントスパム・宣伝コメントなどは削除いたします。
posted by しおん at 00:00| Comment(38) | TrackBack(1) | ご利用・引用について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

誰でも出来る! 100円ライターの処分方法

100円ライターの処分、皆さんはどうしていますか?
特にまだまだ沢山残っているのに、火が付かない場合とか、とても困ってしまいますね。

ガス抜きをしようにも、スプレー缶と違って穴を空けるのは大変&危険(※絶対にしないで下さい)。

でも、実はとっても簡単にガス抜きが出来るんです。
ガスさえ抜いてしまえば、金属部分・プラスチック部分に分類して普通にごみとして処分出来ます。

今回は、そんな100円ライターの処理方法(ガス抜き)を紹介します。
続きを読む
posted by しおん at 03:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 日常生活TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

トラックバック / TrackBack

 トラックバックとは、プロトコル機能の一種です。

2002年8月に Movable Type 開発者の Mena&Ben Trott 夫妻が Movable Type 2.2 の新機能として公開致しました。現在ではブログの一般的な機能として幅広く広まっています。



自分の記事から相手の記事にトラックバックを行う事で、相手の記事に「この記事が参考にされてますよ」という目印を入れる事が出来ます。

その目印には、概要・タイトル・URLなどが記されていますので、相手は勿論、相手の記事を読んだ他の人も、あなたの記事を読みに行く事が出来ます。

即ち、
・相手に対してご報告する機能
・様々な記事と相互に行き交う事で、情報を共有したり議論したりする機能
を実現出来ます。


「トラックバックという行為」を行う為に、相手に対して送られる信号を、「トラックバックピング(TrackBackPing)」と呼びます。

トラックバックを行う場合、
(1) 相手のサイト/ブログがトラックバックピングを受信出来る事
(2) 自分がトラックバックピングを発信出来る事
の2点が必須となります。

現在のブログの大半はトラックバックピングを受信出来ますが、ブログ以外の大半のサイトは出来ませんし、またユーザーによっては受信を拒否している場合もあります。

Tバック(※これは人によっては嫌います)、TB、トラバなどと略される事もあります。


● 勝手にTBしても良い? ●
 むしろ、可能であればするべきです。
 TB自体にお知らせという意味も有りますので、「わざわざ事前に断って」TBを行う事はおかしいですね。


● 相手のURLを記事に書いてないんだけど… ●
 内容によりますが、「引用」や「参考」にした時は必ず相手のURLを添えるべきです。
 無断で内容だけ引っ張ってくるのは、書き方によっては著作権にかかります。

 それ以外の場合はリンクを貼る義務はありません。

 ただ、その人とは違う視点での意見を記事にした場合も、相手のURLを添えておけば多くの人が色々な意見を見る事が出来ます。但し場合によっては『ディープリンク』と呼ばれ、だめな場合もありますので注意が必要です。(関連記事:リンク/Link)


● 送ったら嫌われるTBとは? ●
・相手の記事に全く関係の無い記事からのTB。
  関連のある記事をリンクする機能がTBです。
  但し、相手のサイト等を紹介する内容であれば、「報告」という意味でOKです。

・宣伝・広告を目的としたTB。
  宣伝や広告などを目的とするのは避けるべきです。
  嫌われます。

・相手の記事の範囲を超えない内容の上、相手のURLも書かれていない記事からTB。
  相手の記事を参考にしたなら、相手のURLも添えた方が良いでしょう。
  ただのパクリと思われてしまいます。


● TB返しとは ●
TBを受け取った時、TBをやり返す事をTB返しと言われます。
別に禁止されても推奨されてもいません。
相手の記事が気に入ったら、TB返しをすればいいと思います。その程度です。


● TBセンターとは ●
記事に関係なくTBをペタペタ貼り付けて良いですよ〜 ってブログやサイトです。
本来のTBの使い方とは異なりますが、簡単に言うと自動登録リンク集です。
自分のサイトの宣伝に利用出来ます。


● TBスパム(TBspam)とは ●
全く関連性の無い記事や、内容の全く無い記事からTBを送りつける行為を言います。
いわゆる迷惑好意です。


● 受け取ったTB、削除して良い? ●
基本的に、TBの受信拒否は自由です。
必要の無いTBは削除すれば良いでしょう。

ただ、あなたにとって必要か否かも大切ですが、あなたのサイトへ来てくれる人に必要か否かも併せて考えましょう。


● TBとSEO、関係は? ●
過去にはSEOの手段として大変関係が深かったのですが、現在はこの問題は解消されて、大半のブログではTBはSEOに全く役に立ちません。
勿論、SEOを目的にTBを送るのはTBspamとして批難されかねません。


■関連用語■
リンク/Link
posted by しおん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

バレンタインデー / Saint Valentine's Day

 現在では手紙からカードへと代わり、男女ともにお互いに出すようになりました。家族や友達間でも交換され、クリスマスカードに次いで多く交換されます。また、花束やお菓子を贈りあったりもします。
 またカードを送るとき、バレンチノに習って「From Your Valentine」(あなたのバレンタインより)と書いたり、「Be My Valentine」(私のバレンタインになって)と書いたりする事もあります。

 なお、女性が男性にチョコレートを贈る−という習慣は日本の他、韓国でも行われています。ただ、韓国ではホワイトデーは盛んでは無いようです。
 日本では、1936年2月12日に神戸の「モロゾフ」がイギリス・アメリカ人向けに英字新聞「ジャパン・アドバタイザー」でバレンタインデーの広告をだしました。それは失敗だった様です。
 さらに、1956年2月1日、今度は不二家が日本人向けに次の様な広告を出しました。


 今年からヴァレンタインデー(愛の日)も行います
 貴方の愛する あの方へ あなたの好きな お友達へ 母にも、祖母にも、お姉さんにも 慕う貴方の 先生へ
 ハートの型をしたお菓子をお贈り下さい


 この広告は、男性から女性へのプレゼントを求めた物です。しかし、これも思ったように成功しませんでした。
 その後、1958年に「メリーチョコレート」が東京・新宿の伊勢丹デパートでやはり同様にバレンタインデーのキャンペーンを始めましたが、初年度は3日で170円の売上だったとか。これは、チョコ3個で170円とする説と、30円のチョコ5枚、4円のカード5枚、計170円とする説があります。

 しかし、メリーチョコレートは挫けず、翌年には「男性にチョコレートを贈りましょう」と提案しました。
 デパートに来る顧客の大半が女性である事がアイディアとなったようですが、それまでの日本では男尊女卑で、女性から男性へ告白するというのは難しく、その頃は女性の主張の社会進出を求めていた時期と重なり、男性にプレゼントする為に−という方式がそうした女性達に受け入れられて、徐々に広まって今へと至っています。
 日本チョコレート・ココア協会が、2月14日を「チョコレートの日」と制定したのは、バレンタインデーが定着した後の事です。

 コロンビアでは、チョコレートに限らずに女性から男性へプレゼントする習慣があるそうです。

 対して、台湾では男性が女性に贈る事が多いそうです。また台湾には、旧暦の7月7日を情人節といって、バレンタインデーに似た行事が行われます。(七夕の起源だと思われます。)

 アメリカやイギリス、またフィリピン等では逆に、男性から女性に花やチョコレート、キャンディーなどをプレゼントするのが普通です。ホワイトデーというものは有りません。ただ、バレンタインカードは、男女関わらず交換を行うようです。
 また、これらの国では、2月の半ば頃には鳥たちがツガイを始める時期とされ、それがヴァレンチノ・デーと結びついてカップルを作るイベントとして定着したと言われています。
 イギリスでは、1537年にヘンリー王が王室憲章により「バレンタインデー」を宣言しました。しかしその後、17世紀の権力者クロムウェルにより禁止されました。1660年頃に復活したと言われています。
 フランスでは18世紀頃、アメリカでは19世紀頃に始まったようです。

 ドイツでは、1780年代、フロイントシャフトカルテン(友情のカード)と呼ばれ広まりましたが、現在のバレンタイン(男女間の愛の日)としては、男性が女性に花を贈る日として、近年(ここ10〜20年の間に)始まったばかりのようです。まだ一般には広まっていません。



> セントバレンタインデーの成り立ち
posted by しおん at 18:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史・NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

100の質問 - 利用規約 -

本日は当方サイトへのご来訪有難うございます。

このページは、当方で書き下ろした100の質問配布ページです。

このページのURL
http://knowledge.seesaa.net/article/1682260.html

●100の質問って何?●
あなたへ、100の質問を出します。
あなたは、自分なりに回答し、自分のサイト・ブログに掲載します。

これによって、あなたのサイト・ブログに訪れてくれるお客様に、あなた自身についてを知って頂く事が出来る、いわばプロフィールの様な物です。

元々の元祖は、「ねえさんたちへ100の質問」サイト様が一般向けに配布したのが始まりだと言われています。

●有料なの?●
100の質問のご利用は、それぞれの配布元によって判断が別れます。
しかし、それぞれの利用規約・著作権さえ守れば、私の知る範囲では有料のサイトはありません。

●他のサイトの2番煎じ?●
確かにそう言ってしまえばそうなってしまいますけど(笑)
ただ、ここで配布した全ての質問は、当方で一から思考し書き下ろしたものです。
たとえ1問たりとも、「他のサイト様から流用した物はございません」



◆当サイト:100の質問の利用規約◆

・「このブログの利用規約」については、こちらをご確認下さい。
 この利用規約は、あくまでも、このサイトで配布している「100の質問」に限定した利用規約です。

・質問集の利用は、無料です。
・再配布は、原本・改造に関わらず、一切を禁止します。
 配布目的では無い公開は、【回答された問題に限って】再配布とは考えません。
・但し、「特定の仲間内に限って、印刷した紙による再配布」は許可します。
 この際は、印刷物の隅に、このページのURLを記載して下さい。
 雑誌・メディアなど不特定多数への再配布は案件毎に事前にご相談ください。
・WEB上で回答を公開する際には、このページのURLを記載して下さい。
・ブログ上で回答を公開する際には、トラックバックをお願いします。(可能な限り)
・この質問の一部、または全部を改変して利用する事は可能です。
 但し、上記の全ての規約は厳守して下さい。
 また、【改変】の表記を必ず入れて下さい。
有料サイトでのご利用は原則禁止です。


・問題への質問・ご要望・ご意見は、各問題のページにコメント・TBをお願いします。
・全体への質問・ご要望・ご意見は、このページにコメント・TBをお願いします。


◆100の質問の利用方法◆

・配布ページに行き、基本50問編問題をコピーして下さい。
・問題文それぞれの下に、回答を記載して下さい。
・全ての回答が終わったら、それを公開しましょう。

・次に、ジャンル別50問の中から、あなたの好きなジャンルの問題を、同様にコピー・回答・公開しましょう。
・複数のジャンルを利用して、150の質問、200の質問にして頂いても結構です。

・ウェブ上での公開に限らず、この様な使い方も考えられます。
⇒オフ会で、参加者全員に回答して貰う!
⇒高校・大学などで、自己紹介として利用する!
⇒コンパ・サークルなどで、アピールする為のツールとする!
⇒出会い系グループで、プロフとして利用する!



◆100の質問作成者さまへ◆
・ジャンル別の50の質問は、随時募集しています。
・当方にご相談頂ければ、タイアップ公開も検討します。
 問題作成前にご相談下さい。


>>> 100の質問 <<<
posted by しおん at 13:11| Comment(131) | TrackBack(12) | 当ブログ配布物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100の質問 - 基本50問編 -

[ 利用規則 ] : [ 回答例 ]

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
100の質問 - 基本50問編 -
http://knowledge.seesaa.net/article/1682260.html

◆ あなたの基本の6問 ◆

第 1 問) あなたのお名前を教えて下さい。

第 2 問) あなたの誕生日と星座を教えて下さい。

第 3 問) あなたの血液型を教えて下さい。

第 4 問) あなたの生まれ・育ちを教えて下さい。

第 5 問) あなたの家族構成を教えて下さい。

第 6 問) あなたの今のお仕事(部活)を教えて下さい。


◆ 性格についての6問 ◆

第 7 問) あなたの長所は、どこですか?

第 8 問) あなたの短所は、どこですか?

第 9 問) あなたは聞き上手?話し上手?

第 10 問) あなたのコンプレックスは?

第 11 問) 最近、泣いた理由を教えて下さい。

第 12 問) 一番リラックス出来る場所はどこですか?


◆ 人間関係についての5問 ◆

第 13 問) (実際に会ったりもする)友達は何人くらいいますか?

第 14 問) その内、親友と呼べる相手は何人いますか?

第 15 問) 異性間の親友関係は成立しますか?

第 16 問) 好きな人と嫌いな人、どちらが多いですか?

第 17 問) あなたはアウトドア派?インドア派?


◆ 趣味・嗜好についての7問 ◆

第 18 問) 好きな食べ物は何ですか。

第 19 問) 嫌いな食べ物は何ですか。

第 20 問) 飼ってみたい生き物はいますか。

第 21 問) 近付きたく無い生き物はいますか。

第 22 問) 趣味と、お奨めを教えて下さい。

第 23 問) タバコやお酒をたしなみますか。

第 24 問) 持っている資格、欲しい資格を教えて下さい。


◆ 思想についての5問 ◆

第 25 問) 死後の世界。信じますか?

第 26 問) あなたは臓器移植提供カードを持っていますか?

第 27 問) あなたの信仰する宗教・宗教観を教えて下さい。

第 28 問) 日本の政治、どう思いますか。

第 29 問) 30歳男性の月収は幾らが適当だと思いますか。


◆ 過去・未来についての5問 ◆

第 30 問) あなたの将来の夢は、なんですか?

第 31 問) これまでに一番嬉しかったプレゼントは何?

第 32 問) これまでに一番悲しかった出来事は何?

第 33 問) 自殺を意識した事はありますか。

第 34 問) 生まれ変わるとしたら性別は?その理由は?


◆ 生活態度についての6問 ◆

第 35 問) 部屋は綺麗ですか。

第 36 問) 貯金(借金)はありますか? あればどの位?

第 37 問) 平均睡眠時間はどの位ですか?

第 38 問) いつも、何時頃に起きていますか?

第 39 問) 朝・昼・晩、平均的なメニューは何?

第 40 問) あなたが朝一番にする事はなんですか?


◆ 恋愛についての10問 ◆

第 41 問) あなたにとって恋愛とは?

第 42 問) では、あなたの結婚観を教えて下さい。

第 43 問) 浮気についてのあなたなりの定義を教えて下さい。

第 44 問) 子供は好きですか?

第 45 問) どんな男性が好きですか?

第 46 問) どんな女性が好きですか?

第 47 問) 見知らぬ異性に口説かれました。好みのタイプですが、どうしますか?

第 48 問) 恋人の年齢。幾つまで上・下なら許容範囲?

第 49 問) 初恋の思い出を教えて下さい。

第 50 問) 結婚相手に求める条件。重要だと思う物、教えてください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

[ 利用規則 ] : [ 回答例 ]

>>> 続きの50問 <<<
posted by しおん at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 当ブログ配布物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100の質問 - サイト/ブログ運営者 50問編 -

[ 利用規則 ] : [ 基本50問編 ] : [ 回答例 ]

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
100の質問 - サイト/ブログ運営者 50問編 -
http://knowledge.seesaa.net/article/1682260.html

◆ ネット環境についての5問 ◆

第 51 問) あなたのPCと、PC歴を教えて下さい。

第 52 問) あなたの携帯と、携帯歴を教えて下さい。

第 53 問) 一日に何時間位、ネットやメールを利用していますか。

第 54 問) ネットをする時の必需品を教えて下さい。

第 55 問) このサイト/ブログはどの様に更新しますか。


◆ メールについての4問 ◆

第 56 問) あなたはメールアドレスを幾つ持っていますか。

第 57 問) 購読しているメールマガジンとか、あれば教えて下さい。

第 58 問) 週に何通くらい、迷惑メールが来ますか?

第 59 問) このサイト/ブログでメアドを公開していますか?その理由は?


◆ このサイト/ブログについての7問 ◆

第 60 問) このサイト/ブログのタイトルとその由来をお願いします。

第 61 問) このサイト/ブログを開設したのはいつですか。

第 62 問) このサイト/ブログは携帯での閲覧を考慮していますか。

第 63 問) このサイト/ブログに含まれる、真実の割合は?

第 64 問) あなたのサイト/ブログを一口で言うと?

第 65 問) このサイト/ブログの更新頻度の目標は?

第 66 問) このサイト/ブログの売りを教えて下さい。


◆ サーバーについての5問 ◆

第 67 問) なぜ このサーバー を選びましたか?

第 68 問) このサーバー のイイトコロを教えて下さい。

第 69 問) このサーバー に対する要望を教えて下さい。

第 70 問) このサーバー の他にサイト/ブログを運営しているサーバーは有りますか。

第 71 問) 独自ドメインに魅力はありますか。


◆ 人間関係についての5問 ◆

第 72 問) メール友達/ネット友達、それぞれ何人?

第 73 問) 一番仲の良いネット仲間には、どの程度の相談事まで出来ますか。

第 74 問) この人にはこのサイト/ブログを見せられない!という人は?

第 75 問) オフ会とか、参加したいと思いますか。

第 76 問) メール/ネットで知り合った人−何人実際に会いましたか?


◆ 知識についての7問 ◆

第 77 問) HTMLやCSSは判りますか。

第 78 問) あなたのネットワーク知識はどの位?

第 79 問) 一年に、どの位PC・携帯にお金を掛けていますか。

第 80 問) ネットに関する本や雑誌、どの位買いましたか。

第 81 問) あなたのお奨めのサイト/ブログを教えて下さい。

第 82 問) ネットの問題って、何を思い浮かべますか?

第 83 問) ネット上の著作権、意識した事はありますか?


◆ 現実との境目についての5問 ◆

第 84 問) ネットの為に現実を犠牲にした事がありますか。

第 85 問) ネットのあなたと、本当のあなた。その差はなにですか。

第 86 問) 顔も知らないのに「好き」という人をどう思いますか。

第 87 問) ネットの中で年齢や性別って気になりますか。

第 88 問) ネットとはあなたにとってどの様な物ですか。


◆ 過去の出来事についての5問 ◆

第 89 問) ネットで儲けた!という体験談があればお願いします。

第 90 問) ネットで起きた悲しい出来事を教えて下さい。

第 91 問) ネットで起きた腹が立つ出来事を教えて下さい。

第 92 問) ネット上で口説かれた事はありますか。

第 93 問) ネット上で人を好きになった事がありますか。


◆ 求めるものについての5問 ◆

第 94 問) 何を求めてこのサイト/ブログを始めましたか。

第 95 問) このサイト/ブログの対象は不特定多数?特定少数? その理由は?

第 96 問) どのようなお客さんに来てほしいですか。

第 97 問) 一見さんのコメントや書き込み、どう思いますか。

第 98 問) 雑誌がこのサイト/ブログを紹介したいと…認めますか?条件は?


◆ 最後の2問 ◆

第 99 問) これからHP/ブログを作ろうとする人にアドバイスを!

最 終 問) 最後の1問です。今のお気持ち、感想をお願いします。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

[ 利用規則 ] : [ 基本50問編 ] : [ 回答例 ]
posted by しおん at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 当ブログ配布物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100の質問 - オリジナル小説紹介の 50問編 -

[ 利用規則 ] : [ 基本50問編 ] : [ 回答例 ]

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
100の質問 - オリジナル小説紹介の 50問編 -
http://knowledge.seesaa.net/article/1682260.html

◆ 形態についての7問 ◆

第 51 問) ジャンルを教えて下さい。

第 52 問) 長さと形式を教えて下さい。

第 53 問) 一次・二次創作の区別を教えて下さい。

第 54 問) どこで公開(or 予定)していますか?

第 55 問) 公開の間隔を教えて下さい。

第 56 問) 一話当りの読書所要時間(目安)を教えて下さい。

第 57 問) 文章は主に何人称ですか?


◆ 基本についての4問 ◆
(※主人公が複数いる場合、メインの1人、または全員。以下同じ)

第 58 問) 主人公の名前を教えて下さい。

第 59 問) 主人公の性別と年齢を教えて下さい。

第 60 問) 主人公の家族・仲間の紹介をお願いします。

第 61 問) 主人公の職業や特技を教えて下さい。


◆ ストーリーについての4問 ◆

第 62 問) 舞台設定を教えて下さい。

第 63 問) 導入部を簡単に教えて下さい。

第 64 問) 主なあらすじを教えて下さい。

第 65 問) 見所を教えて下さい。


◆ 世界観についての5問 ◆

第 66 問) ストーリーに影響する主な職業を教えて下さい。

第 67 問) ストーリーに影響する主な技術を教えて下さい。

第 68 問) ストーリーに影響する主な地理を教えて下さい。

第 69 問) ストーリーに影響する主な能力を教えて下さい。

第 70 問) 季節について、教えて下さい。


◆ 人間関係についての5問 ◆

第 71 問) 政治はどうなっていますか?

第 72 問) 国や国境はどの様な感じですか。

第 73 問) ストーリーに影響する主な争いを教えて下さい。

第 74 問) 差別や身分制度などは有りますか。

第 75 問) 宗教はどうなっていますか?


◆ 生活についての5問 ◆

第 76 問) 経済流通はどうなっていますか?

第 77 問) 言語はどうなっていますか?

第 78 問) 一般市民はどのような生活を送っていますか。

第 79 問) 人々の服装はどうですか。

第 80 問) ストーリーに影響する主な生物を教えて下さい。


◆ 制作についての5問 ◆

第 81 問) 登場人物の名前はどの様につけていますか。

第 82 問) この小説を作ろうと思ったきっかけを教えて下さい。

第 83 問) 小説を書く上で気をつけている事を教えて下さい。

第 84 問) ストーリーはどの程度まで構想されてから書き始めましたか。

第 85 問) 読者に期待する事はありますか。


◆ 主人公になったつもりで15問 ◆
※注※ ここからは、主人公になったつもりで答えます(答えて下さい)。

第 86 問) 主人公の身長・体重・スリーサイズといった体型を教えて下さい。

第 87 問) 主人公の髪の色・瞳の色、顔などの特長を教えて下さい。

第 88 問) 主人公の知識レベルを教えて下さい。

第 89 問) 主人公の体力レベルを教えて下さい。

第 90 問) 主人公の性格を教えて下さい。

第 91 問) 主人公の好きな物・嫌いな物を教えて下さい。

第 92 問) 主人公の好きな人・嫌いな人を教えて下さい。

第 93 問) 主人公の宝物か、大切な思い出を教えて下さい。

第 94 問) 主人公の好きな言葉は。

第 95 問) 主人公の落ち着ける場所は。

第 96 問) 主人公の普段は何をして過ごしていますか。

第 97 問) 主人公の長所と、短所を教えて下さい。

第 98 問) 主人公の趣味を教えて下さい。

第 99 問) 主人公の将来の夢を教えて下さい。

最 終 問) では、主人公になったつもりで、読者への挨拶をお願いします。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

[ 利用規則 ] : [ 基本50問編 ] : [ 回答例 ]
posted by しおん at 12:11| Comment(22) | TrackBack(0) | 当ブログ配布物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

バレンタインデー / Saint Valentine's Day

 元々バレンタインデーとは、ローマで行われたイベントが起源となっております。
 当時のローマでは、毎年2月14日は家庭と結婚の女神ユノの祝日とされており、翌2月15日からは「ファウヌス」という豊穣の神の為にローマ司祭ルベルキによって始められたルペルカーリア(Lupercalia)というお祭りが開かれていました。
 前夜祭であるユノの祝日(2月14日の夕方)には、若い女性達は自らの名前を書いた紙を桶(後に壺に)に入れ、翌15日、Lupercalia の初日に男性たちが桶からその紙を1枚を引き、当たった男女はこの祭りの間は付き合う、というイベントでした。
※男女ともに紙を入れ、少年が紙を引いて出来上がったカップルを強制的に付き合わせた、とする説もあります。

 さて、時は流れて197年、ローマ軍の兵士・サビノとキリスト教徒の娘・セラピアは恋に落ちました。しかし、当時のローマはキリスト教を迫害しており、二人の愛は認められる筈もありません。
 二人は困難に立ち向かい愛を育もうとしましたが、やがてセラピアが不治の病に倒れ、サビノは後を追ったと言われます。

 その後、ローマ皇帝クラウディウスII世(在位268〜270)は、「若者たちが家族や妻と離れる事を嫌がり、戦争に出たらがら無い」事を理由に、兵士の自由結婚禁止政策を作りました。ところが、キリスト教の司祭であり、インテラムナ(テルニ)出身のヴァランティーノ司教(英語読みバレンタイン)はこれに反発し、先の結ばれること無くこの世を去ったサビノとセラピアの結婚を認める式を行ったのです。
 このValentine司教の行動が皇帝にばれ、ローマの宗教への改宗を命じられましたがこれを拒否。投獄されてる事となりました。

 ところが、Valentine司教は投獄先でも看守達にキリスト教を説き続け−その後、看守の娘(シーザーの娘とする説もあります)、目の不自由なジュリアと親しくなりました。Valentine司教は日々牢獄でジュリアの目の為に祈り続けると、奇跡的にジュリアの目は治ったのです。これを切っ掛けに、Valentine司教をこのままにしておくのは危険だと考えたのでしょう、とうとう西暦369年(270年や273年とする説有り)の2月14日に、Valentine司教は処刑と相成りました。
 なお、Valentine司教は処刑される前に、ジュリアに対して「From Your Valentine.」と署名した遺言を遺しています。その遺言には、「ピンクの花が咲くアーモンドの木を墓に植えてほしい」というものだったといいます。また、Valentine司教は、フラミニア街道に埋葬されたと言われます。
※Valentine司教はローマ出身とインテラムナ(テルニ)出身の2人おり、二人が同じ2/14に処刑されフラミニア街道に埋葬されたとする説もありますが、出身地がインテラムナ、投獄・処刑地がローマであった為に、それぞれの地で別々に死を嘆かれ、別人と思われたのでは無いでしょうか。
※また、実はValentineは司祭では無く、禁止された結婚を秘密裏に行った為に、妻と共に処刑された、とする説もあります。


 さて、その後、さらに200年余りが過ぎ、西暦496年。
 若者達の風紀の乱れを憂えた当時のローマ教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭で行われた件のクジを禁止しました。
※土着の宗教を禁止し、キリスト教に改宗させる為という説もあります。
 代わりに、聖人の名前を書いたクジを引かせ、1年の間その聖人の様な生き方をするよう、励ます−というクジを推奨したのです。そしてこの時、200年前のちょうどこの祭りの前夜祭−2月14日に殉教した、聖Valentineを挙げ、Saint Valentine's Dayとなったのです。

 次第に、恋人たちが贈り物を贈りあう日と代わっていき、さらに若い男達がValentineに習って、2月14日に好きな女性に手紙を送る様になったという事です。

 なお、現存する最古の手紙は、アジャンクールの戦い(1413年10月25日)でとらわれてロンドン搭に幽閉されていたフランス詩人オルレアン公シャルルが1415年に妻に送ったものだそうです。
※大英博物館に原本が、英国図書館に写本が保存されているそうです。


> 現在のセントバレンタインデー
posted by しおん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(12) | 歴史・NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WebLog サービス提供サイト一覧(仮)

Seesaa blog
http://blog.seesaa.jp/
無料・画像30M
メール投稿[画像・本文・タイトル・カテゴリ]
携帯で管理[本文・タイトル・日付・カテゴリ・TB・コメント・修正]
携帯で閲覧[画像・コメント・TB]

livedoor Blog
http://blog.livedoor.com/livedoor.html
無料・画像30M
メール投稿[画像・本文・タイトル・カテゴリ]
携帯で管理[本文・タイトル・コメント・修正]
携帯で閲覧[画像・コメント]

DRECOM Blog
http://blog.drecom.jp/
無料・1G
メール投稿[画像・本文・タイトル]

e Blogger
http://www.blogger.com/
無料
メール投稿[画像・本文・タイトル・音声]

http://www.livejournal.com/
無料

http://ch.kitaguni.tv/
無料・無制限
メール投稿[画像・本文・タイトル]
携帯で閲覧[
ch.kitaguni.tv/u/****/ → ch.kitaguni.tv/m/u/****/

http://www.2log.net/
無料

http://d.hatena.ne.jp/
無料
メール投稿[画像・本文・タイトル]
携帯で閲覧[
/mobile 付加

http://www.cocolog-nifty.com/
250円/月・@nifty会員無料
メール投稿[画像・本文・タイトル]

http://www.doblog.com/weblog/PortalServlet
無料

http://blog.nettribe.org/
無料

http://jugem.jp/
無料

http://www.exblog.jp/
無料

http://www.blockblog.jp/
無料

http://blog.melma.com/
無料

http://www.typepad.com/
無料

http://blog.goo.ne.jp/
無料

http://blog.ocn.ne.jp/
262.5円/月・ocn会員無料

http://ameblo.jp/
無料

http://plaza.rakuten.co.jp/
無料

http://www.yaplog.jp/
無料

http://blog.fc2.com/
無料・画像1G・1メアド1ブログ(メアド分のブログOK)
商用・アダルトOK
メール投稿[タイトル・本文・画像]
メール閲覧[
?m 付加

http://www.movabletype.org/
サーバー必要(Perl/Berkeley要)
posted by しおん at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | ネットサービスサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。